必須脂肪酸やビタミンなど、体にうれしい栄養素を豊富に持つヘンプシードオイル。その高い栄養価は、「麻の実に勝るものはない」と言われるほどです。

特に注目したいのが、リノレン酸、α−リノレン酸、γ−リノレン酸という多価不飽和脂肪酸が多く含まれていること。リノール酸は、血中コレステロールを下げるといわれており、またα−リノレン酸はEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)に変化することがわかっています。そのためヘンプシードオイルは、世界的にスーパーフードとして注目を集めています。

食用だけではなく、マッサージオイルやせっけんやシャンプー、塗料や工業製品などの原材料として幅広く利用されているなど、さまざまな活用が期待されています。